妻の母 さゆり

日下部秋彦の妻は浮気をした挙句に蒸発した。妻の母の五十川さゆりは、娘の蒸発を知って「やはり自分と同じ淫売の血が」と泣き出す。そんな義母を慰めつつも、余りにも艶やかな義母の姿に、禁欲生活が続いていた秋彦は欲情を覚える。だが義母も彼の視線には気付いていた…。更には彼を溺愛する叔母の二階堂藤乃が尋ねて来て、その上、朝比奈静江と名乗る女性が彼を尋ねてくる。彼女の姓は、妻と共に蒸発した男と同じだった。行くあても無いという彼女を仕方なく受け入れ…。

妻の母 さゆり

妻の母 さゆり 後編
サイト内検索
先月の人気エロアニメ
おしらせ